スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し出し Alastaro(2日目)-寝落ち鯖 NGT North European Championship 第4戦

2/16 昨日に引き続きAlastaroのレースに参加しました。

例によって、Weather: Changeableの設定なんですが、今回も雨が降ったらあきらめる方向で、迷わずFreisingerでJoin。すると願いが通じたのか、快晴の様子。Practiceをこなし予選へ。なんか、またまた異様に気温が高いです。ここ北欧のはずなんですが……。念のためラジエターを"4"にあげ、タイヤを決勝用のS/Mに設定します。予選は普通リアもSにするんですが、路面温度が高いと異常発熱して、かえってタイムが落ちると判断しました。どうもこれがまずかったらしく、予選ではいまいちタイムが上がりません。何とかギリギリ13秒台を出しますが、ほとんど14秒というタイムで、24台中15位となります。

そして決勝。気温がまともになったので、ラジエーターをいつもの"2"に戻します。問題のスタートでは、自分の目の前の方が、アクセルワークをミスったらしく(自分も良くやります)、いきなり横を向きますが、うまい具合に自分の前が開いて難なく切り抜けます。そのあとはいつもの超慎重な出だしで、何台かに前に行かれます。毎度のことなのですが、ここで無理をすると自分の実力ではアクシデントを起こしかねないので、気にしないことにします。そんな状況で、3コーナーに差し掛かったところ、イン側の車に気をつけつつ、ライン取りが窮屈になるのを避けるため、若干ハンドルをアウト側に振ったところ、軽い衝撃がハンドルに伝わります。ほとんど自分の体勢に影響がなかったので、また軽く追突されたかなぐらいにしか思ってなかったのですが、あとでリプレイを見てビックリ。微妙に車体をアウト側に振ったことで、思いっきりmisterさんをコース外に弾き飛ばしてましたorz misterさん申し訳ありませんでした。全く気付いてなかっただけにその罪は重いです。
そんなことになってるとは全く気付かず、私はレースを続けます。で、オープニングラップではほとんどお約束になってますが、そのあとでいきなりミスってコースアウト。またまたほとんど最後尾まで落ちますorz そこから昨日と同様追い上げにかかりますが、続けてコースアウト。タイムもなかなか上がりません。なんかいつになく調子悪いなーと思ってたら、フロントタイヤの温度が全然上がってこないことに気がつきます。アッ、ラジエーターに気を取られて、タイヤをフロント"S"にするの忘れてたorz いまさら気づいても後の祭りですw 気を取りなおして、フロントが温まってないことを意識しての走りに切り替えます。それで、タイムは出ないものの安定して走れるようになりました。今回は、昨日と違い棚ぼただけではなく、そこそこバトルも楽しめました。が、途中、mappyさん、satanicaさんに軽く追突。どちらも減速中ではなく、加速中の軽い接触だったので、ほとんど影響なかったのですが、申しわけなかったです。
そんなこんなで最後は123Rio-GTさんを追いかけますが、最終コーナー手前で軽くミスって、姿勢を崩し万事休す。逆に、STLさんに抜かれそうになるのをなんとか抑えきってチェッカー。ギリギリポイント圏外の15位でした。惜しかったです。

(リザルト)
予選 1:13.946(+2.204) 24台中15位
決勝(15周レース) 19:32.267(+1:09.556) 24台中15位(完走20台)
FL 1:14.793(+2.485)7周目 20台中15位(ノータイム除く)
詳細はこちら

今回は、タイヤ選択のミスもあり、昨日よりも悪いリザルトになったのですが、それよりも3回も接触したことが大きな反省点です。特にmisterさんには悪いことをしてしまいました。
misterさんはおそらくこれがデビューレースだったんじゃないかと思います。思い出深いデビューレースに、悪い方の思い出として私の名前が刻まれるのはツライですね。悪いのは私なので仕方がないですが……。まだまだスタート直後の密集状態での走り方を見直す必要がありそうです。


※ マルチ参戦記は、すべて参加者の実IDそのままを表記させていただいてます。不快に思われる方は、管理者のみ閲覧可のコメントにて、その旨お知らせください。該当箇所を修正・削除させていただきます。
スポンサーサイト

comment

⇒   by 零式 (URL)  at2009-03-11 X

混戦状態で周りの状況を把握するのはレースでも特に重要なポイントですが、やっぱり難しいですね。

自分はちょっと前までLook Left&Rightにキーを割り当てていたのですが、
今はLookBihindにしかキーを割り当てていないのですよ。
と言うのも、本当にギリギリのバトルをしているときはステアリングとアクセルワークに集中しているで、ボタンを押して左右を見ている余裕など全く無いからですね。
相手のクルマと並んでいるかどうかはバックミラーに映っているかで判断しています(=゚ω゚)ノ

ただ、私のバックミラーはちょっと特殊です。
PLRファイルのRearview Height=""の数値を上げて、視野角を広げているのですね。
Look Left&Rightの角度と速さもPLRの数値に手を加えて修正しています。これは有名なのでご存知かもしれませんね(^^ゝ

どちらもググればすぐに出てくるので試してみては(=゚ω゚)ノ
長文失礼しました~

⇒   by mister (URL)  at2009-03-11 X

全然気にしてないのでNPですよー。

あの時は走るのに必死で接触とかわかりませんでした。

名前表示の仕方すら知らなかった状態だったので・・・w

レース中の接触は仕方ないことだと思うので、ガンガンいきましょう!

では、次のレースでお会いしましょう。

⇒   by Hetter-P (URL)  at2009-03-11 X

> 零式さん
毎度コメントありがとうございます。
オッサンのだらだら長い文章だけで、なんら役立つ情報がないのが我がブログの特徴w
こういう情報をいただけるのは、とても助かります。

Look Left&Rightの角度と速さを変える方法は私も知っていて、すでに変更済みですが
Rearview Heightのことは、知りませんでした。
早速ググったところ、sage-Rさんのブログがヒットしました。
灯台下暗しとはこのことですね。

早速試してみました。これイイです!! 斜め後方の死角がほぼなくなりました。
相手の距離が遠く感じる副作用がありますが、それは慣れの問題。
後方につかれた時のプレッシャーが軽減される効果があるかもw

これは大ヒットです。本当にありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

⇒   by Hetter-P (URL)  at2009-03-11 X

> misterさん
misterさんまでお越しいただけるとは思いませんでした。ありがとうございます。
なんだか書く人書く人、次々現れるので怖くなってきましたw

そう言っていただけると本当にホッとします。
このレースの後、しばらく姿をお見かけしなかったので
うわー、やっぱりあれのせいかなーってずっと思ってました。
で、次にお見かけしたときは、来てくれて良かったというのもありますが
それよりも、いきなりタイムがあがってたんで、すごく驚きました。
それからあっという間に、私ではまったく太刀打ちできなくなり、いまや上位の常連。
センスのある方というのは、こうなんだと言うのを見せ付けられた気持ちです。

では、またよろしくお願いします。

非公開コメント

メッセージ
かつては、GTR2の初心者向け鯖を企画してましたが、今後の開催予定はありません。
今後、鯖を企画する際は、こちらで告知しますが、当分予定はありません。

GS鯖 for Beginners
●スケジュール
Season2(完)

●リザルト
Season2
Season1

どなたでもコメント大歓迎です。特に、これからマルチに参戦しようと考えている方、レースシムの購入を検討されてる方。お気軽にコメントください。
プロフィール

Hetter-P

Author:Hetter-P
GTR2・Race07/GTR Evo・GT5・マリオカート8のマルチレースにHetter-P(ヘタッP)のIDで参加してます。マリオカートのフレンドご希望の方は、こちらをご覧ください。

ヘタッピーなおっさんのorzなマルチ参戦記を中心に公開しています。下位集団に埋もれてる人から見たマルチレースが、どんなふうに映ってるかを笑いながら堪能して下さい。

下手くそでもマルチレースは楽しめます。マルチへの参加を躊躇してる、そこのあなた。私と一緒にレースしてみませんか?
さらに詳しいプロフィールはこちら

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。