スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げっ、ポールポジション Zandvoort Club -ERS Monday Cup -MINI- Round5,6

タイトルをご覧になって、エッ! Race07始めたばかりなのに、もうポールとったの!?と思われるかもしれませんが、まぁ、だいたいオチはよめるかと思いますw

7/23 私のRace07/GTR Evoでのマルチ2レース目は、ERS鯖のMiniでのレースでした。

Race07には、デフォルトでMini Challengeなるカテゴリーが収録されていて、BMWミニでのワンメイクレースが出来るようになっています。今回はこれを使ってのシリーズ戦になります。
正直Miniでのレースと聞いて、あんなのでレースしてそんなに楽しいのだろうかと疑問に思いました。最初にWTCCのマシンで走った時の第一印象が『なんか退屈』でしたからね。さらにパワーが無いであろうMiniはもっと退屈なのではないかと……スミマセン。ナメてました。
実際に乗ってみたら意外とタノシイ!! パワーが無いので、振り回されてる感は無いですが、エンジンの回転数を上げて走るのがキモのようで、結構イイ音がします。この音の効果で、意外とスピード感があるんですよね。この、音というのは重要で、GTR2でもポルシェにしか乗れないと言いながら、BiTurboには決して乗らなかったのは、あの眠たい音が、どうしても受け入れがたかったからです。

今回レースがおこなわれるのはZandvoort Club。Zandvoortは、決して得意ではないですが、結構好きなところです。ここには、幻のPラインという我が家に伝わる門外不出の秘伝のラインがあると巷でまことしやかに囁かれているとかいう噂があるという伝説があったりなかったりします。Race07の世界でも、ついにこれを披露する時が来たかと、おごそかな気持ちに包まれつつ走り始めますが……ショートコースだから、Pラインのところ通らないんですねw
と、しょーもない小ネタをはさみつつ走りますが、いやー、ここのトラックの再現度も素晴らしいですね!! ここもデフォルトで入ってるコースなんですが、ここってこんなにうねってたんだーって、感心しました。GTR2で走ったコースも起伏の激しさは表現されてましたが、どちらかというと前後方向の起伏ばかりで、横方向の起伏は、こちらのコースほどは表現されてなかったと思うんですよねー。もちろん私は実際にこのコースを走ったことがあるわけではないので、どちらの方が再現度が高いかを判定できるわけではないですが、より本物っぽいと思わせるモノが、Race07の方にはありました。

そんな感じで走り込み、練習で出せるようになったタイムは最高で15秒台半ばといったところ。これがどの程度なのかわかりませんが、こんなセッティングするところがほとんどないパワーの無い車のワンメイクで、一人だけ数秒引き離されて遅いとかだったらどうしようなどと思いつつJoin。周りの人のタイムもだいたい15秒台だったので胸をなでおろします。
予選は練習でも出せなかった15.3秒台が出て6番手とちょうど真ん中でした。

【HEAT1】
さぁ、いよいよ1レース目です。パワーが無い車でタイムも拮抗しているので、ものすごい団子レースが予想されます。スターティンググリッドもちょうど真ん中ということで、前も後ろも囲まれた状態で、うまく立ち回れるか。まだまだ新参者なので、周りに迷惑をかけることは極力避けねばなりません。
デビュー戦はセルフローリングスタートだったので、今回が初めてのスタンディングスタートになります。スタートが苦手なFFですし、Race07シリーズは、GTR2よりもスタートが難しいという話を聞いたことがあるので緊張します。
全車グリッドについていよいよスタート。Race07シリーズでは、スタート時に目の前にでっかいシグナルが現れます。GTR2では、ボ~ッとしてたら、いつの間にかカウントが始まってたとか、Modやスタート位置によっては、シグナルがどこにあるかわからず、慌てるといったことが多々あったので、この辺も進化した点ですね。
そのシグナルが、オールレッドから……ブラックアウト! やっぱりちょっと出遅れ気味、さらに緊張のしすぎで、左脚がつりそうに。ブレーキを踏む側ですので一大事です。脚が思うように動かなくて、ブレーキをかけそこなって集団に突っ込んだりしたら大変な事になります。仕方なく不測の事態に備えて早めにアクセルを戻して対応します。これでいきなりRodgersさん、72percentさんに抜かれ、1コーナーを立ち上がった時点で早くも順位を2つ落とすことに。
序盤は左脚の違和感がとれず、ぎこちないブレーキングで前を行く72percentさんを追いかけるよりも、後ろから来るTRUTH034さんから逃げるのに必死。1周目の最終コーナー手前で並びかけられますが、こちらがイン側にいたので何とかしのぎます。そのままこう着状態となり、レースは中盤の5周目に入ります。左足の違和感もだいぶマシになって、いよいよ72percentさん追撃の開始です。このレースがあった日のちょうど前日に72percentさんから、このブログに『次回はキャッキャウフフしましょう』とコメントをいただいていたのですが、まさかこんなに早く実現するとは思いませんでした。
ただ、レースはあいかわらずの団子状態。72percentさんの前にも、私の後ろにも車がひしめきあってて『キャッキャウフフ』なんていう呑気な状態には程遠いです。
そんな状態が続いた7周目。コース後半の右→左と切り返すコーナーで、2つ目のイン側の縁石に乗って挙動を乱してしまい、これに反応した後ろのTRUTH034さんがコースから軽くはみ出てしまいます。TRUTH034さんスミマセン。これで後ろはsasuraiさんに入れ替わり、前の72percentさんとは差が開いてしまいました。
そのまま迎えたラストラップ。sasuraiさんに肉薄されるも、何とか逃げ切ることに成功。その差0.448秒。本当に僅差でしたが、これが実は、とても大きな差であったことが後ほど明らかに。

(リザルト)
Mini Challenge Highspeed Racing(Race07デフォルト)
予選 1:15.330(+0.473) 12台中6位
決勝(8周レース) 10:22.390(+14.039) 12台中8位(完走12台)
FL 1:15.000(+0.187)4周目 12台中2位
詳細はこちら


【HEAT2】
1レース目が終わりました。そうそう、一つ書き忘れていたことがあります。これまで、GTR2に対して、Race07/GTR Evoシリーズの優れているところばかり書いてきましたが、Race07/GTR Evoシリーズで1つ非常に残念なところがあります。それは、チェッカーを受けた後、すぐに自動運転に切り替わること。つまりGTR2では恒例の、レース後のおしくらまんじゅうが出来ないんですね。これは非常に物足りないです。
ということで、自動運転に切り替わって勝手に動く自分の車の様子をながめながら、"otsudesu-"とか、"omeeeeee"とか、メッセージを送りつつ、1レース目の自分の順位を確認します。すると……8位!? これって……私は1レース目の結果が、2レース目と連動するような2HEAT制のレースに出るのはこれが初めてです。たしか2レース目って、8位までのリバースグリッドだったんじゃ……つまり……orz
Race07を始めて3レース目にしてポールポジションからスタート……普通なら有利な位置からスタートできることを喜ぶべきかもしれませんが、ヘタレな私には罰ゲームとしか思えませんでした。
まだ始めたばかりで、緊張して左足がつりそうになる状態ですよ。1レース目は、終始団子状態の大混戦でした。団子状態になるということは、差がつきにくく、抜くのも難しいということ。なのに、私の後ろに、私より速い猛者が7人も控えているということになります。つまり、ずっとオラオラ状態。しかも私がフタをする形になるから、後ろは大渋滞・大混乱になるのは必至です。
1レース目の最後に、sasuraiさんに抜かれておけば良かった……そんなレーサーにあるまじきことを考えるほど、当時の私は追い詰められましたw

ということで、ポールポジションからスタートです。横には72percentさんがイン側に控えます。1レース目のスタートは出遅れ気味でした。キレイにスタートしないと、後ろからスタートされる方全員に迷惑がかかる可能性があります。
そんな中シグナルがブラックアウト……緊張のスタートはまずまず。1コーナーへの飛び込みは、イン側の72percentさんが並びかけてきて、並走状態となります。うえ~ん、コワイよ~。そのまま並走が続きますが、何とかしのぎトップをキープしたまま最終コーナーへ。最終コーナーでは若干膨らんでしまい加速が遅れたために、ホームストレートで72percentさん、Daichaさん、Rodgersさんと相次いで抜かれます。
もうそこからは、次から次へと抜かれる一方。特に最終コーナーがひどくて、膨らんで失速しては、イン側からぶち抜かれるというのを何度繰り返したことか。完全に突っ込み過ぎてました。最後の最後も、お約束のように最終コーナーで膨らんで apllnさんに抜かれ、1レース目の順位よりも下の9位まで落ちたところでチェッカー。

(リザルト)
Mini Challenge Highspeed Racing(Race07デフォルト)
決勝(8周レース) 10:24.681(+9.118) 12台中9位(完走11台)
FL 1:15.555(+0.827)3周目 12台中10位
詳細はこちら


非常に抜きにくい・抜かれにくい設定で、致命的なミスもなし。にもかかわらず、ポールポジションからスタートして、1レース目よりも順位が落ちる不思議。プレッシャーに弱すぎますねorz
でも、常に団子状態でバトル満載のレースはとても楽しかったです。このレースで腕と精神力を磨けば、もっとバトルにもプレッシャーにも強いドライバーになれるかも。遅い車は退屈という前言は撤回しないといけません。



※ マルチ参戦記は、すべて参加者の実IDそのままを表記させていただいてます。不快に思われる方は、管理者のみ閲覧可のコメントにて、その旨お知らせください。該当箇所を修正・削除させていただきます。
スポンサーサイト

comment

⇒   by 72percent (URL)  at2012-07-26 X

キャッキャウフフ楽しかったです。
また遊んでくださいねw

⇒   by Hetter-P (URL)  at2012-07-27 X

> 72percentさん
またまた、どもです。
72percentさんは遊んだつもりだったかもしれませんが、こちらは必死の形相で、大マジでしたw
今度は、周りに大勢いるところでなく、二人っきりでキャッキャウフフしましょう(なんかヤラシイw)。

非公開コメント

メッセージ
かつては、GTR2の初心者向け鯖を企画してましたが、今後の開催予定はありません。
今後、鯖を企画する際は、こちらで告知しますが、当分予定はありません。

GS鯖 for Beginners
●スケジュール
Season2(完)

●リザルト
Season2
Season1

どなたでもコメント大歓迎です。特に、これからマルチに参戦しようと考えている方、レースシムの購入を検討されてる方。お気軽にコメントください。
プロフィール

Hetter-P

Author:Hetter-P
GTR2・Race07/GTR Evo・GT5・マリオカート8のマルチレースにHetter-P(ヘタッP)のIDで参加してます。マリオカートのフレンドご希望の方は、こちらをご覧ください。

ヘタッピーなおっさんのorzなマルチ参戦記を中心に公開しています。下位集団に埋もれてる人から見たマルチレースが、どんなふうに映ってるかを笑いながら堪能して下さい。

下手くそでもマルチレースは楽しめます。マルチへの参加を躊躇してる、そこのあなた。私と一緒にレースしてみませんか?
さらに詳しいプロフィールはこちら

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。