スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格シリーズ戦デビュー Donington Park(1日目)-寝落ち鯖 NGT North European Championship 第1戦

2/11 ついに本格的に国内鯖のシリーズ戦に参戦しました。

参戦したのは寝落ち鯖
NGT North European Championship 第1戦 Donington Park(1日目)です。

寝落ち鯖の主催は、マルチデビュー時にお世話になった初心者鯖の鯖管さんということで、本格デビューするのはここしかないと決めておりました。で、デビューのタイミングをうかがってたのですが、これまでの寝落ち鯖でのシリーズは、すべてAdd-Onコースでのレースでした。ある程度走りこまないとコースを覚えられない私には、これが非常に荷が重いわけです。それがこれからは、ヨーロッパを中心としたシリーズ戦になるということで、たまーにデフォルトコースが入ります。しかもその第1戦がデフォルトのドニントン。これは参加するしかないでしょうと決意します。

参戦を決意したら早速コソ練です。私のような物覚えが悪いオッサンは、たとえデフォルトコースでもしっかり走り込まないと、まともに走れないんですね。
ドニントンは、ライン取りを間違えなければ5速→6速全開で曲がれる高速コーナー、微妙に曲がったところでのフルブレーキング、進入角度を間違えると縁石で跳ねるシケイン、窮屈なヘアピンなど、ちょっと間違えると即スピン or コースアウトとなる油断の出来ないコースで、正直あまり得意ではありません。

車は、ついに本気モードw の Freisinger Porsche GT3-RSR
何度もスピン・コースアウトを重ねながら、なんとか33~34秒台ぐらいのアベレージ、うまくいった時には32秒台のタイムが出せるようになります。これなら本番でも真ん中のちょい後ろあたりを走れるかな、と見当をつけます。

そしていよいよ本番、相変わらず緊張しつつJoin
15分間のPrcticeをこなし、いよいよ30分間の予選。20台以上が入り乱れての予選は初めてで、コースに入るタイミングとか、アタック中の車にうまく追い越してもらうことに戸惑いつつ、何とかクリアラップも取れ、33秒台前半のタイムを出すことができました。あわよくば32秒台をと思ってましたが、やはり初体験の緊張状態では難しかったです。それでも23台中(うち2台ノータイム)12位と、私にしてはまずまずの位置に満足します。それにしてもP.P.タイムは30秒台、自分には一生出せないタイムでしょうorz

そんなこんなでいよいよレースです。(自分にしては)好位置の23台中12番手スタートということで、周りの人は自分よりうまい人ばかり、ものすごい緊張感です。スタートでミスって大混乱を起こしたらどうしようとか、第1コーナーで前に突っ込んで玉突き事故を起こしたらどうしようとか、そんなことが頭をよぎります。そんな緊張が極限に達した時、ついにスタートがきられました。肝心のスタートは、良くも悪くもないといったところ。最初の1,2コーナーは、思いっきりビビってるので、2・3台後続に抜かれます。それでも何とか密集した集団の中で、接触なしにそれなりのペースで走り、第3コーナーのCranerCurvesに差し掛かります。このコーナーは、普段なら、5速→6速全開で曲がる高速コーナーです。このようなコーナーで躊躇したがために、追突されるという経験を何度かしたことがある私は、後続の迷惑になってはいけないとの思いで、結構勢いをつけて飛び込みます。そしたら前を走っていたRubyさんが、若干減速。あわててブレーキを踏むと同時に、ハンドルを切り接触回避をはかりますが、間に合わず軽く追突。幸い軽い接触ですんだようで、Rubyさんは、そのまま何もなかったように走り去って行きました(実際は、何らかの反動はあったかと思います。Rubyさんすみませんでした)。問題は自分の方で、急ブレーキと急ハンドルのせいで制御不能になり、こともあろうに密集した集団の中で、コースを横切る形で反対側のコース外に吹っ飛びます。これで誰かを巻き込もうものなら、2度と立ち直れなかったかもしれません。あの密集した中で、誰にも接触せずに、コースを横切ったのは本当に奇跡的と言ってよいと思います。ただ、自分の真後ろを走行されていたSENDAI-12さんが、これに驚かれて反応してしまい、軽くコースアウトされてました。SENDAI-12さんスミマセン。
スタート直後の密集状態で、フル加速でコーナーに飛び込むというのは、やはり正気の沙汰ではなかったですね。前が詰まってるんだから、後続車が減速するのは当然のことです。それを予測できないあたり、20台以上のマルチレースで中団からスタートしたことがないという経験の浅さが、早くも露呈される結果となりました。
このコースアウトで、ほぼ最後尾まで落ちてしまいます。これで思わずホッとする私。周りを気にせず走れるからなんですが、ヘタレ過ぎますねw レースに向いてないとも言えます。
それでもマイペースで気持ちよく走っていると、最終コーナーあたりで何台かコースアウトしたようで、ちょっとだけ順位が上がります。その中にsiitakeさんがいらっしゃったらしく、あっという間に追いつかれて、プレッシャーをかけられます。初心者鯖スパの時に2位になられた、あのsiitakeさんです。必死で走りますが、常におらおら状態。それでも抜かれるところまでには至らず、何とか1周おさえきります。あとでこの周のラップタイムを確認したら、普段の自分より全然遅いタイム。無理なブロックをするのではなく、自分のレコードラインをキープして走ることを心がけたつもりでしたが、焦りでだいぶ不安定な走り方をしていたようです。実際自分でもちょっと危なっかしいと感じてました。おそらくsiitakeさんは、もっと危なっかしーなーと感じてたことでしょうw
そんな感じで1周以上にわたって、siitakeさんの蓋になってたわけですが、OldHairpinでついにやってしまいます。勢いがつきすぎて、若干アウト側にはみ出てしまいました。何とか体制を整えようとしますが、スピードがのっており、逆にバランスを崩して制御不能に。そしてこともあろうに、再びコースを横切る形で吹っ飛びます。奇跡がそう何度も起こるはずもなく、今回は思いっきりsiitakeさんの前に飛び出し、そのまま接触。2人仲良くコースアウトします。siitakeさん本当に申し訳ありません。
派手なクラッシュでしたが、どちらも動くことができたようでレース続行。ところが、ダメージがどうのこうのというピットからの無線連絡が入ります。英語なので何を言ってるのかわかりませんでしたが、深刻なダメージを受けたっぽいことがわかります。あわててGTR2-XDを確認しますが、異常なし。こりゃサスか、ウィングあたりが逝かれたかなと見当をつけますが、案の定曲がろうとするとリアが全くグリップせず、くるっとまわってしまいます。どうやらリアウィングを飛ばしてしまったようです。
そこからは、コーナーごとにスピンとコースアウトを繰り返しながら、なんとかコースの残り3/4周ほどを走りぬき、よろけながらPitにたどりつきます。
Pitでは、タイヤ交換や、燃料補給を指定せず、破損した個所の修理のみを指示。その間に全車にラップ遅れにされます。
修理も完了して何とかレースに復帰。ちゃんと走れるようになって、さーここからがんばるぞーっと気合を入れますが、そこからはコースアウトの連続。よくよく考えたらアウトラップなんだから、タイヤが冷えてて、全くグリップしない状態でした。それに気付くのが遅く、コースアウトするから、さらにタイヤが温まらず、そうこうするうちに、またまた先頭集団に追い付かれてしまいます。
トップの2台はうまくホームストレートで追い抜いてもらえたのですが、3位走行中のMr.cnとは微妙な距離、結局そのまま走行してCranerCurvesのあたりで追いつかれます。ここでどうやって追い抜かれようかと慌ててしまい、焦って再びコースからはみ出てしまいます。それでさらに慌てて必死に体制を立て直そうとしますが、またまた制御不能となり、三たびコースを横切る形で吹っ飛びます。今度はMr.cnの車体にかすった程度で、Mr.cnはそのまま通り過ぎたためギリギリセーフ。2周遅れの車が3位走行中の車を道連れにクラッシュなんてシャレになりません。本当に冷や汗ものでした。Mr.cnもヒヤッとされたんじゃないでしょうか、申しわけなかったです。
なんとかコースに復帰しますが、これでまたタイヤが冷えてしまったためコースアウト。どんどん後続の車が来るので、先ほどのことが頭をよぎり、さすがに懲りて今度はコースアウトしたまま全車が通り過ぎるのを待ちます。
これで2LAP遅れとなりました。ここからは完全な単独走行で、落ち着いてマイペースで走ります。あとで確認したら、2LAP遅れになってからの方が、全然よいペースで走れてました。プレッシャーに弱すぎですorz そのあとは何もなく無事チェッカー。当然のことですが完走した車の中では最下位でした。

(リザルト)
予選 1:33.349(+2.651) 21台中12位(ノータイム除く)
決勝(13周レース) 21:21.430(+2LAPS) 23台中20位(完走20台)
FL 1:33.477(+2.288)8周目 22台中16位(ノータイム除く)
詳細はこちら

今回のレースは、やってはいけないコースを横切ってのコースアウトを3回もしたこと、これにつきます。とくに巻き込んでしまったsiitakeさんは、本当に申し訳なかったです。明らかにこちらに非があるにもかかわらず、siitakeさんは、IRCや掲示板で避けられなかった自分のミスとおっしゃられ、2度も謝罪してこられました。おそらくこれが寝落ち鯖デビューである私が気にするのを気遣ってのことだと思います。siitakeさんいい人だなー

ピットを余儀なくされ、早々にレースから脱落、内容もいろいろ反省しきりのデビューレースでしたが、学ぶべきことも多数あり、とても楽しむことができました。とにかく完走できて良かったです。siitakeさんの心遣いにこたえるためにも、これにめげずこれからも頑張っていこうと思います。


※ マルチ参戦記は、すべて参加者の実IDそのままを表記させていただいてます。不快に思われる方は、管理者のみ閲覧可のコメントにて、その旨お知らせください。該当箇所を修正・削除させていただきます。
スポンサーサイト

comment

⇒   by siitake (URL)  at2009-03-10 X

毎度どうもです。siitake です。
なんだか読んでてこそばゆいですw
あのときの私との接触に関しては、リプレイを見ると一方的に
Hetter-P さんの特攻に見えますが、実は違うのです。

それまでの約一周、私が後ろについた後、プレッシャーをかけつつ
いかに抜くか観察している時に、Hetter-P さんが明らかに
動揺していることに私は気づいていました。
動揺してラインをはずしているな、と。

それを感じ取っている状態で、Hetter-P さんが速度が乗った状態で
アウト側の芝生へコースと平行してはみ出しました。
この時、私は、とるべき行動をとっていないのです。
とるべき行動は、復帰を容易にするためにも反対側によること、
そして、はみ出た車両がどのような行動をとるか、
ほんのちょっと(コンマ数秒という単位ですが)待つべきだったのです。
私は実際は、中途半端なラインで相変わらず加速してしまっています…。
速度が乗った状態で芝生に入ってしまうと、急激な操作をすると簡単に
操作不能に陥ってしまいます。急いでコースに戻ろうとして
コースを横切る行為は、上級者でもあせるとやってしまうことです。
ましてや、それまでの観察で「あせってる」と気づいているのなら
なおさら…ということであります。

というわけでございます。実際は、プレッシャーをかけながら、
「ミスらないかなー、どうやって抜こうかなー」と、
虎視眈々と狙ってたというわけで、あんまりよい人じゃないっすよw

⇒ 曲がりきれなくて・・・  by Ruby (URL)  at2009-03-11 X

こんにちは

あの接触は、私がインからブレーキングして入っていったために、失速してるからです。さらに、それでも減速が足りずふくらんでいっているという状態ですので、こちらこそすいません。

こちらとしては、まっすぐ当たっているので、失速分を補っていただいた形で、影響はほとんどありませんでした。

レースでお会いしたら、よろしくお願いします。

⇒   by HetterP (URL)  at2009-03-11 X

> siitakeさん
いつもコメントありがとうございます。
昨日のCharade (2日目)は、3冠の完全勝利だったようですね。おめでとうございます。
その場に居合わせず、惜しいことをしました。

なるほど。深いですねー。
参考になります。
私のようなセンスのない人間は、なおさら、こういう頭を使ったレース運びが必要になりますね。
こういったお話が聞けるだけでも、このブログを立ち上げて良かったと思えます。
ありがとうございます。

公開が遅れましたが、レースのあった翌日には、すでにこの記事は書き終わってました。
siitakeさんに対し私が持った印象というのは、この1件だけに限らず
IRCなどを通じて感じたことを、そのまま率直に感じたまま書かせていただいてます。
(決して、いつもコメントを頂いてるからではありませんw)

もともとこのブログを立ち上げた動機というのは
私のようにマルチ参戦を躊躇している人に対し
マルチレースって、怖いものじゃないよ。
こんなに楽しいものだよ。こんな人がいるんだよ。
というのをお伝えしたいというのがありました。
それにsiitakeさんのお名前を使わせていただいたという感じです。
迷惑だったらスミマセン。
というわけで、これからもsiitakeさんは、イイ人キャラ担当ということでお願いしますw

⇒ Re: 曲がりきれなくて・・・  by HetterP (URL)  at2009-03-11 X

> Rubyさん
コメントありがとうございます。
私のような、一匹狼でこの世界に飛び込んだ得体のしれない者に対し
いろんな人がコメントをくださって、正直驚いてます。

かえって気を遣わせてしまったようで、恐縮です。
この接触については、いわゆるレーシングアクシデントの範疇かなと思ってたのですが
そう思うのは私の勝手であって、Rubyさんは怒ってらっしゃるのではないかと
ずっと、心の中に引っ掛かっておりました。正直、ホッとしてます。

ただ、このことで私が学んだ物は大きく、これがなければきっと別のところで
別の方にもっととんでもないことをやらかしてたような気がしてなりません。
それが、ほとんど実害のない程度に抑えられた(SENDAI-12さんにはご迷惑をおかけしましたが)のは本当に運が良かったと思います。

まだまだRubyさんとバトルするにはほど遠いところを走ってますが、これからもよろしくお願いします。
非公開コメント

メッセージ
かつては、GTR2の初心者向け鯖を企画してましたが、今後の開催予定はありません。
今後、鯖を企画する際は、こちらで告知しますが、当分予定はありません。

GS鯖 for Beginners
●スケジュール
Season2(完)

●リザルト
Season2
Season1

どなたでもコメント大歓迎です。特に、これからマルチに参戦しようと考えている方、レースシムの購入を検討されてる方。お気軽にコメントください。
プロフィール

Hetter-P

Author:Hetter-P
GTR2・Race07/GTR Evo・GT5・マリオカート8のマルチレースにHetter-P(ヘタッP)のIDで参加してます。マリオカートのフレンドご希望の方は、こちらをご覧ください。

ヘタッピーなおっさんのorzなマルチ参戦記を中心に公開しています。下位集団に埋もれてる人から見たマルチレースが、どんなふうに映ってるかを笑いながら堪能して下さい。

下手くそでもマルチレースは楽しめます。マルチへの参加を躊躇してる、そこのあなた。私と一緒にレースしてみませんか?
さらに詳しいプロフィールはこちら

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。