スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾウさんは前転がお好き Oulton Park(1日目)-寝落ち鯖 NGT North European Championship 第9戦

わかる人にはわかるけど、わからない人にはまったく意味不明なタイトルですが、気にしないでください。元ネタは、私の青春時代に深く刷り込まれたフレーズなんですが、あまり深く追求しないようにw

2/21 Oulton Parkです。これまた全く知らないところなんですが、レイアウト図を一見すると『象みたい』の一言に尽きます。早速練習で走ってみますが、その起伏の激しさに驚きます。ブランズハッチも起伏の激しいコースでしたが、急な上り坂がしばらく続いて、次に急な下り坂が続くという感じだったのに対し、ここはこぶ状の起伏があちこちにあるという感じで、こぶを超えるごとに挙動が乱れたりするので、油断できません。そして極めつけは、2つあるシケインのうち、ゾウの鼻にあたる部分の途中にある1つ目のシケイン。見た目には平らに見えるのですが、微妙な凸凹があるらしく、変な入り方をするとフロントが路面に引っ掛かったような形になり、車体が前転!?します。知らない人が聞いたらまさかと思われると思いますが、本当に、いきなり車体が宙に舞って見事に前転します。これにはホトホト手を焼きました。レース中に前転したらアウトですからね。周りにも迷惑かけますし。
最初、進入角度が悪いのかといろいろ試しますがイマイチ。結局、重要なのは進入角度より、むしろ進入速度だと結論付けたんですが、正解なんでしょうか?  コーナーカットしないようにするために減速するシケインではなく、前転しないようにするために減速するシケイン……なんて斬新なw
そんな感じで何とか前転の問題を克服し、大体38秒台、ものすごくうまく行ってギリギリ37秒台のタイムが出るようになりました。これがどのくらいのタイムかはわからなかったのですが、以前のブランズハッチ同様、全く勝負にならないレベルになるのではないかという予感がします。

そんな感じで迎えた本番。予選で周りのタイムを見渡してみると、トップクラスは35秒台を出しているものの、意外と自分の持ちタイムでも勝負になりそうな気配、そんな中2回目ぐらいのアタックで自分が出したタイムが、37.4秒台。こんなタイム、コソ連中でも出したことありません。出した本人が驚いてしまいました。この時点でなぜかマズいと思ってしまいます。なんかこのままでは上位グリッドに入りそうな気配。ハッキリ言ってこのコースにそんなに得意意識はなく、どちらかというと挙動を乱してコースアウトすることが目立ってたという印象です。上位で挙動乱して周りの方に迷惑をかけたら、大変なことになります。本当にヘタレですね。レースに向いてない性格だと言えます。
というわけで、早々にタイムが出たのですが、このままアタックを続けてさらに良いタイムが出る望みは薄いし、間違って出てしまったら、さらにグリッドが上がってプレッシャーがより強まるだけだと思い、残り時間は決勝用セットでの練習にあてることにします。そしたらミスりまくりでまともに1周することができず、余計に不安が増す結果となりましたorz 結局28台(フルグリッド)中10番手、これまでの最高グリッドでガクガクブルブルです。

さて緊張の決勝。昨日のスタート直後の追突のこともありますので、思いっきり慎重に行きます。何とか、1コーナー2コーナーとクリアしていき、ホッとします。ホッとした後は、どうせ周りはうまい人ばかりだし、どんどん抜かれるんだろうな~とか思ってたのですが、意外とそうでもなく、1周目ではお約束の混乱もそれなりにあったため、逆に順位が少し上がります。もしかしてシングル?! と思いもかけない状況に興奮しますが、1周目の最終コーナーで挙動を乱して、軽くコースアウトorz 結局スタート時から順位を1つ下げて11番手で1周目を終えます。
それでもまだ上位と言える2周目、2コーナーから3コーナーにさしかかるあたりで、ミラーに映るFerrariが......またまたbordさんです!! 前2戦のことが走馬灯のように頭をよぎり、トラウマのようにヤバいと思ってしまいます。別にbordさんが悪いわけでも、嫌いなわけでもありません。とにかくヘタレな私は、これ以上bordさんに迷惑をかけてはいけないと反射的に考えてしまうわけです。それで焦って3コーナーでアウト側にコースアウトorz 後ろで見ていたbordさんも当たってないのに、当たったかのようにふっ飛んでいく私を見て、苦笑いされていたに違いありませんw もう、赤面ものです。
そんな感じで結局順位を落とした3周目、同じ2コーナーから3コーナーにさしかかるあたりで、今度は本当に追突されます。ここって、例のこぶがコーナー上にあって、ブラインドになるうえに、3コーナーへのアプローチで上下方向にも横方向にも荷重が移動する状態でブレーキングをしないといけないので、すごく難しいんですよね。私のブレーキが早すぎたような気もしますし、挙動を乱して追突するのも仕方ないと思います。
で、この追突の衝撃が結構大きく、そのまま吹っ飛ばされて、たまたまこのコーナーでコースアウトされていたSSS-K53さんに後ろ向きにぶつかってしまいます。で、この衝撃で、こういうケースではお約束......わが、糊付けリアウィングがポロッと落ちますorz ここまで9戦で4回目。イチローも真っ青のハイアベレージですw
そこからは、リアウィングのない状態でフラフラ。気が遠くなる道のりをピット目指します。途中先頭集団に追い付かれ、制御不能な状態でよける技術がないので、芝の上に避難しながらやり過ごします。2つ目のシケインでは、シケイン上をうまくたどりながら後続車に抜いてもらう技術はないと判断して、ずっと芝生の上を走って通過しますが、ここでカットペナを取られ、一発黒旗orz ウィングなしで、後続車を避けるために芝生上を走ってて、いきなり黒旗? オフィシャルさんそれは無いよ~と抗議しますが、聞き入れられるはずもなくw とりあえず、何とかピットに戻って、まず修理。レースに復帰しますが、次の周に再びピットインしてストップ&ゴーペナルティを消化。これで早くも2LAP遅れ。その後もう一度先頭集団に追い付かれて、結局3LAP遅れのチェッカーとなりました。

(リザルト)
予選 1:37.417(+1.828) 28台中10位
決勝(12周レース) 19:46.638(+3LAPS) 28台中22位(完走23台)
FL 1:39.668(+3.800)6周目 28台中19位
詳細はこちら
(わかりにくいですが、"Inter"となっているところが今回のレースのリザルトになります)

思わぬ上位グリッドからのスタートと順調な出だしで期待が膨らんだ割に、結果的に3LAP遅れということで完全に消化不良のレースとなってしまいました。まあ、これがレースですね。なんとか同コースで行われる明日はリベンジしたいところ。
ちなみに私は大丈夫でしたが、やはり前転された方、結構いらっしゃったようです。Rodgersさんもトップ走行中に例のシケインで前転されて、優勝を逃されたそうですね。恐るべしゾウさん。


※ マルチ参戦記は、すべて参加者の実IDそのままを表記させていただいてます。不快に思われる方は、管理者のみ閲覧可のコメントにて、その旨お知らせください。該当箇所を修正・削除させていただきます。
スポンサーサイト

comment

非公開コメント

メッセージ
かつては、GTR2の初心者向け鯖を企画してましたが、今後の開催予定はありません。
今後、鯖を企画する際は、こちらで告知しますが、当分予定はありません。

GS鯖 for Beginners
●スケジュール
Season2(完)

●リザルト
Season2
Season1

どなたでもコメント大歓迎です。特に、これからマルチに参戦しようと考えている方、レースシムの購入を検討されてる方。お気軽にコメントください。
プロフィール

Hetter-P

Author:Hetter-P
GTR2・Race07/GTR Evo・GT5・マリオカート8のマルチレースにHetter-P(ヘタッP)のIDで参加してます。マリオカートのフレンドご希望の方は、こちらをご覧ください。

ヘタッピーなおっさんのorzなマルチ参戦記を中心に公開しています。下位集団に埋もれてる人から見たマルチレースが、どんなふうに映ってるかを笑いながら堪能して下さい。

下手くそでもマルチレースは楽しめます。マルチへの参加を躊躇してる、そこのあなた。私と一緒にレースしてみませんか?
さらに詳しいプロフィールはこちら

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。